July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スマホ電子決済でキャッシュレス生活を始める準備と2カ月使ってみた感想

iPhoneImage.png

 

先日「日本でキャッシュレスが浸透しない理由、アリペイとの違いは?」の記事を書きましたが

実際に使ってみないと分からない、という事であれから約2カ月キャッシュレス生活をしてみました。

 

先日の記事でも書きましたが、キャッシュレス化するにはサービスが多すぎるので

何をチョイスするのかがとても重要になります。

 

iPhoneImage.png

 

まずは目的ですね、

キャッシュレスにすると言っても全く現金を使わない!とはなりません。

日々の生活の中で電子決済にすることで一番便利になるのは・・・

ずばりコンビニです。

 

みなさんの生活スタイルにもよると思いますが、

一日または一週間でどのくらいコンビニを利用していますか?

また月間いくらコンビニで使っているか把握してますか?

 

自分は朝にコーヒーやお茶など買います、数百円。

お昼にお弁当など買うことがあります、数百円。

夜帰り際にビールやちょっとした日用品を買います、数百円。

 

毎日、朝昼晩と3回行かないにしても1週間で10回以上、

1カ月では少なく考えても30回以上はコンビニを利用していると思います。

 

この回数分チャリ銭を出して貰ってが煩わしい・・、

生活スタイルにもよりますが自分の場合コンビニで1000円以上の買い物って月に数回くらいしかしていません。

という事でまずは「コンビニ決済をキャッシュレス!」が一番身近で便利なキャッシュレス化になります。

 

そしてどのサービスを導入するかですが、

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン・・

主要3大コンビニですべて使えるサービスじゃないと意味がないので

WAON:セブン× nanaco:セブン以外× QR系:セブン×

一番使う頻度の多いセブンを中心と考えると上記が消えます。

 

セブンイレブンがQR決済を使えないのは意外ですが、今年セブンPAYを稼働させるらしいですね。

ただこれも使えるコンビニが限られると普及しないと思うのでどのうようなサービスになるか興味があります。

 

だいたいどこでも使えるサービスは

iD、QUICPay、楽天EdyとSuicaなどの交通系になります。

 

あとは携帯のキャリアによりますが、

自分の場合はソフトバンクなのでTポイントが勝手に溜まります。

ソフトバンクと契約時にTカードと統合されたソフトバンクカードを渡されたの覚えてますか?

このカードを活用してアプリもインストールします。

 

iPhoneImage.png

 

ちなみにこのアプリの良いところは、

チャージ方法がいろいろありますが、携帯代金と合算がとても便利。

利用金額や明細が分かる。

ソフトバンクにデータ吸われるのはあきらめる。

 

iPhoneImage.png

 

結果、Apple Pay(WALLET)にソフトバンクカードを登録し、

ソフトバンクカードで利用できるiDを使用していきます。

また首都圏ではSuicaは必須なのでApplePayにはiDとSuicaの二つを登録することになります。

 

iPhoneImage.png

 

auウォレットもかなり優秀みたいですが、ソフトバンクユーザーであれば

ApplePayにiDとSuicaという選択肢がいまのとことベストチョイスと思います。

 

2か月近く使ってみた感想としては、もうこれ無しでは嫌だ!というレベルで愛用してます。

iDが使える店舗では基本電子決済でピピッで終わります。

利用場所は3大コンビニ、タリーズ、マクドナルド、マツキヨ、ファミレス、タクシーなどで使いました。

 

1カ月フル利用した結果、スマホ電子決済の回数は40回以上、金額は3万円弱。

とにかくコンビニで財布を出すことがなくなりますので、

月に何十回もコンビニで細かい現金のやりとりがなくなるだけでもスマホ電子決済のメリットは十分にあります。

 

スマホ以外ではネットショッピングの割合が多いので、買い物はクレジットカード決済が多いですし

この数カ月で現金を使う機会は飲みに行ったとき、ゴルフ練習場、スーパーでの買い物、会社でお弁当頼む時、、くらい?

ATMで現金を引き出す機会も減りましたね。

 

デメリットとして感じた事はレジで決済した時に残高不足でエラーになった時です。

いくら簡単にチャージできるといってもその場でアプリを開いてチャージとはなかなかいかないもので

急いで財布を取り出すという事が1、2回あったのですが、まあでもそれくらい。

 

導入サービスの選定ポイントとしては以下でしょうか。

・携帯キャリアとの連携

・チャージのしやすさ

・使う目的、使える場所の多さ

・ポイント付与

 

QR決済はどうなんでしょう?

中国のように2大サービスに絞られればいいですが

サービスが乱立している流れでは確率されるのは難しい気がします。

 

先日、社員旅行の時にみんな電子決済は何を使っているかの話題では

結構使っているサービスが違って面白かったです。

 

人それぞれのスタイルによって多様な選択肢があるってことですね。

まあ、しばらくペイ協奏曲は止まらないのでしょう。

スポンサーサイト

pagetop